大阪国際空港千里川土手撮影ポイント

大阪空港の有名な撮影ポイントに行ってきました。場所は結構わかりにくいですが、Google Mapなどで滑走路の延長上をなぞっていくと判断できます。今回はたまたま車を停めるスペースがありましたが、基本は伊丹スカイパークや曽根駅周辺に駐車して歩く感じでしょうか。2kmぐらいあります。運動不足のわたしには自転車でもそれなりの距離です。

有名な千里川土手ポイントはB滑走路(大型機用)に着陸する飛行機の真下になります。ちょっとびびります。かなりのワイドレンズ使わないと全景が入りません。

DSC_2038

24mmでの画角です。まだどんどんきます。ほぼ真上なんで全然追いかけられないです。

DSC_2021

望遠レンズを使うと真後ろから離着陸を撮影できます。(写真は300mm)

DSC_2010

A滑走路は少し距離があるし機体が小さくそれほど高度が低くないので望遠レンズで余裕の撮影(240mm)

暗くなってくるとお楽しみタイム。三脚たててがっちりかつ繊細に撮影します。

DSC_2157

ISO6400で1/60なんでけっこうきついですね。LightRoomでノイズカットしています。滑走路の誘導灯と重なってすごくきれいです。

交通の便も悪くトイレもないかなり不便なポイントですがこの迫力は圧倒的です。何回も行きたいですね。

ちなみに大学の研究室の時に離陸側のポイントへよく測定に行ったんですが場所が思い出せません…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中