タグ別アーカイブ: Instagram

Instagramに投稿する写真の作り方

公式アプリで撮影するときは特に手間はありません。フィルターを使わないまたは下記のフィルターを状況で使います。
・Amaro 全体を明るく、若干フラットな感じに
・X-PROⅡ 強めにくっきりとさせる(コントラスト強)
・Lo-Fi X-PROⅡをさらに強めに
・Early Bird セピア系のレトロ写真に
他に自動補正のボタンがありますがHDR効果が極端に出るのであまり使いません。ただし天使の階段など雲が写りこんでいる写真ですごくマッチングする場合があります。

次は本題、公式アプリはアップロード手段と割りきってすべてを他アプリで処理する方法。
撮影は(1)純正カメラ(2)Camera+(3)kitcamを使用。純正以外ならセルフタイマーや任意位置でのAE/AFロックが出来る。kitcamは露出補正も可能。ここのミソはとにかくピンぼけと手ぶれをしないこと。これだけは修正しようがないしエフェクトにもなりにくい。

次に写真加工。この工程の95%はsnapseedを使います(iPhone/Androidともに無料)
下記の流れで処理をします。

写真を読み込みます。

ソース

①CROP 正方形に任意の大きさに切り抜く。小さい画面で見ることになるので大胆にばしっと切り抜きましょう。

クロップ

②STRAIGHTEN 傾きを調整。きっちりと水平をあわせるか逆に思いっきり傾けます。

傾き

③TUNE IMAGE
・輝度…全体の明るさ調整。明るすぎ、暗過ぎの補正。くっきり画像を作りたい場合は暗めに、あわい画像を作りたい場合は明るめにしたほうがいい感じになります。

輝度

コントラスト…コントラスト(くっきり感)調整。ちょっと強めでもいいと思います。

コントラスト

彩度…色の鮮やかさ調整。自分の好みの色に調整しましょう。

彩度

ここでいったん保存

これでだいぶんすっきり見やすい写真になります。さらに必要に応じて下記プロセスを追加
VINTAGE ビンテージ風など全体の調子を変える
GRANGE 汚れた感じの写真にする
CENTER FOCUS 周囲をぼかしたり絞りの効果をだす
RETROLUX 数十年前の写真紙のようにあせたイメージを作り出す。
FRAMES 写真にフレームを追加する。

ここではCENTER FOUCUS にを使用。中心を機体の前方に設定し周囲の光量を落としてみた。
center focus

これでちょっといい感じの写真になったと思います。で、保存

まだこれでも寂しいと感じたら下記アプリで追加処理(修正というよりも追加エフェクトのレベル/iPhone版のみ確認)
picfx 表面の微妙な質感の表現からダイナミックな宇宙との合成まで幅広いエフェクトの追加
Lens Flare 太陽や反射光など光源の追加
Sunsetter 逆光の画にしたいとき
SwankoLab ネガの現像液のセレクトから始まる暗室シミュレータ。どうしても決まらないときにギャンブル(笑)
PS Express アドオンのNoise Reducerが特筆のでき。ノイズ低減をしたり逆に極端に適用して表面をのっぺりとしたり。

またまた各アプリで保存を忘れずに

だいたいこんな感じです。各写真をクリックすると拡大できます。

広告

Instagramを楽しもう

話題の写真SNS、Instagram(以下IG)について少々。

気に入ったのは、自分の撮影した写真が他の人に見てもらえる。日常のスナップであれがっつり仕上げた写真であれ、今まではコンテストで入選するか自分で展示会に出品するしかありませんでした。へっぽこカメラマンの作品がコンテストに入選するわけもありません。またクラブに参加するというのもちょっと苦手。
IGだとたぶん何人かが見てくれる。コメントしてくれたり「いいね」してくれたり。ほめてもらえるとさらに嬉しかったりします。

IGへの投稿は純正クライアント(公式アプリ)を使うと、撮影→加工→コメント→アップロードが1分以内にできます。デジカメで写真を撮った場合でもSDカードをiPhone/iPadに読み込ませてあとはアプリからひっぱるだけ。(たぶん今はPCからのアップロードはできないと思う)

IGを初めてから写真に対する考え方が変わった。真四角(スクエア)の写真が基本なのでフレーミングが自由になった。被写体が斜めになるとダイナミックな画になる(たぶん)。あまり考えずに(悩まずに)写真を撮るようになった。基本はなにかしらの加工を前提にしているのでざっくりのフレーミングでOK。あとはアプリでぐりぐりと。いじるほどにノイズが多くなるけどそれも効果の一つと前向きに理解。

SNSとしてのポジションが心地良い。くどいコメントもなく(字数制限あるのかな?)意見の押し付けもなくフォローも自由で窮屈さがない。基本的に写真を見るだけ、見てもらうだけ。気に入れば「いいね」したりコメントを簡単に。

なんと展覧会で展示!愛好家の方が非常に安価でギャラリーに展示してくれます。私がお世話になってるinstagramers JAPAN では少しの参加料を払って写真をメールするだけでパネルに貼ってかっこよく飾ってくれます。大阪近辺の展示には必ず参加しています。

InstaMeetOsaka#01 の様子はこちら

InstaMeetOsaka#01行ってきたよ

今日はIGersJP(InstagramersJapan)2度目?の大阪イベントInstaMeetOsaka#01に行ってきました。

iPhoneアプリでおなじみのInstagaramの写真を楽しむイベントでございます。自分の出品した写真を都会のスペースに展示してくれます。

展示はこんな感じ

InstaMeetOsaka#01

みなさんTシャツにメッセージ

InstaMeetOsaka#01

そして今回もやってしまった_| ̄|○ 画像サイズが240pxに落ちてる。前回もやっちゃったんですよね〜どこで間違えたんだろう。

仕事の都合であまり長時間おれませんでしたがIGersJPのみなさんとお話できて楽しかったです。次回こそ高解像度の写真を出すぜ(笑)

IGersJPのサイトはこちら

関係者みなさん、出品者のみなさんありがとう(^_^)