タグ別アーカイブ: NIKON

AF-S NIKKOR 28mm F1.8G 購入〜

買ってしまいました。AF-S NIKKOR 28mm F1.8G

フィルム時代から一番よく使う焦点距離で比較的最短撮影距離が短いのでスナップ、風景、マクロなんでもOKです。標準ズームやMFのAis28mm F2.8も持ってるんですがやはり最新の単焦点をぜひ手元に!しかもナノクリで唯一買えそうな値段だったので思い切りました。

実は十数年以上前に買った投資信託が長年の株安で眠らせていたのを今年の株価高騰でまさかの利益を出してくれたんですよね。安倍さんJG!

なんでさっさと憧れのレンズに投資しちゃいました。

D600買った時からいつかはこのレンズをって決めてたんですがいざ買う段になると色々悩みが。。
シグマの35mmがいいだのPlanner50mmが高級感あってよいとか悩んだけど初志貫徹しました。決め手は
・明るい割に軽くて取り回しが良い
・最短撮影距離25cmで広角マクロとして使用できる。
・夜景撮りが楽しい気がする。
・今度(わからないけど)DXのボディを買った時に標準レンズとしてメインで使用できる。
・なんといっても安心のニッコール
等々

前置きが長くなりましたが昨日カメラのナニワさんで購入、家に帰るまで待てずに中之島公園で試写。

ボディとのバランスはとてもいいです。標準キットの28-85ズームと50mm F1.8Gのあいだぐらいでしっかりと持てます。プラスチックを多用しており価格の割にチープ感はありますが軽量の恩恵もあるので許可。

テストなので少々極端な撮影をしています。

RAWで撮影。Lightroomでcamera standardプロファイル使用。

明るい屋外だと開放撮りが厳しいです。
ISO200 F2.0で撮影。玉ボケの形と遠景ボケの確認です。半逆光が強すぎて雑な写真ですね (>_<)

中之島-7

日陰に入ると開放域のソフトないい感じになりました。ISO 200 F1.8 1/640
当然ですが被写界深度浅いです。

中之島-12

絞って遠景も撮影してみました。ISO400 F8 1/1250
PCで確認すると解像感がすごいです(笑)これはフルサイズで撮る値打ちありですね。

中之島-13

まだ数カットのレベルですが一番驚いたのは解像感でした。あとは撮影条件を変えてみないとわからないですねー。使いこなすのは難しいというのはわかりましたが(笑)いよいよ紅葉シーズンなのでこれからフル活用です!

広告

D600にオールドレンズ

フルサイズデジタル一眼のD600買ったはいいものの、レンズが高くて買えません。でもHPを色々見ていたらオールドレンズなるものが流行ってるじゃないか!ということで調べてみました。

オールドレンズとはおもにシステムがAFになる以前のMFレンズ(いわゆるオールドレンズ)を場合によってはマウントアダプターを介して無理やり最新のデジタルカメラにつけちゃおうってやつですね。AFがきかないのでMFで使用、絞りを自動制御できないので絞り優先もしくはマニュアル露出となります。カメラ側にレンズ情報設定すると露出計は連動するし、このカメラはスクリーンが明るいのでピント合わせも楽チン(フォーカスエイド表示もあるけど無くても問題なし)

ニコンの場合不変のFマウントを誇っているのでほとんどのオールドレンズがマウントアダプターなしでつくはず!といいながら比較的新しめにしました。Yオクで手頃なのを見つけて購入。約14000円で予算オーバーでしたが。

nikon

NIKKOR Ai-s 28mm F2.8 なかなかバランスのとれたほどよいスペックです。ビジュアルもとてもよろしい。

なんと現行レンズなんですよね。カタログにしっかりのっています。

驚くことに最低撮影距離が20cm! これだけ近いと広角マクロ的な写真が撮れます。

では作例です。

DSC_1298

最短距離ではないですがF2.8開放なのでバックがきれいにぼけるとともに遠近感がしっかりでます。50mmあたりのマクロレンズだと平べったい感じになりがちですが。

DSC_8766

バックをしっかりぼかせながら絵作りできます。手前の花びらの解像度も問題ありません。

DSC_8771

F11まで絞ると被写界深度はだいぶ深くなります。

DSC_5455

 

ひまわり畑もばっちり。背景ボケがきれいです。キットのズームだと24mmでもF3.5なのでここまでぼけないです。やっぱり単焦点の明るい領域はズームレンズではだせないおいしいゾーンです。

レンズが明るいのが嬉しくてほとんど開放でしか使っていませんが、絞り気味にしてパンフォーカス的な使い方もおもしろそうです。

今回はニコン謹製の真面目レンズなんで出来が良いのは当たり前なんですが。次回はちょっとジャンキーなものにチャレンジしてみたいです。